dongbakaのブログ

30歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

最近、人間関係の悩みが増えた。「上善は水の如し」に学ぶ「水のように」生きる考え方

f:id:dongchanbakachan:20181124121650p:plain

日本に来てから、気分のアップダウンが激しくなったきがする。シンガポールにいた時は、毎日が平凡に流れて行き、仕事も毎日同じことの繰り返しで、人間関係は良好だったから、「ストレス」を意識したことがない三年間だった。

日本に来てからの3ヶ月間は、環境の変化や仕事のプレッシャーで目に見えないストレスを抱えていたようで、生理不順や肌荒れが絶えない。

仕事の面では、マネジメントという役割を担うようになった。初めて、人に指導する立場になり、どうやって教えるといいのか、自分はどう振る舞えばいいのか、試行錯誤の日々である。一方で、真ん中に立たされる立場にもなった。日本支社のトップと自分の部下との間、シンガポール支社と日本支社の間に立たされ、四方八方からプレッシャーがのしかかっている。この歳でこうゆう体験ができるのは、有難いことだし、やりがいもあるのだが、やはり精神的にはストレスが大きい。

外国人の上司は非常に細かいマネジメントをする。自分が行う事、何から何までも毎回コメントが入り、その度にイライラしている。


私生活はというと、日本に来てから一から人間関係を構築する必要があった。最初は友達が全然いなかったので、日本にいる数人の友達が全てだった。その中の一人は、シンガポールで出会った前からの友人であり、しかも偶然にも同じビルで働いていた。物理的に距離が近いし、他に友達はいないし、自分は「必然的に」頼ってしまう事があった。仕事でストレスが溜まった時、10分でもいいから話をしたいと思い、何回か会う事があった。自分だったら、友達がそのような状況だったら、同じ事をするし、「普通の事」だと思っていた。

それが友達にとってはストレスだったのかもしれない。段々と拒否される事が多くなり、ついにはメールの返答が来なくなった。最初は「友達ってこんなものなの?」と思っていて、悲しさとイライラが入り混じる感情があった。自分自身が否定された気がして、久々に落ち込んだ。


だから、最近の自分は仕事面でも私生活でも、人間関係に悩まされていた。こんな時に人間は何かにすがりたくなるのかもしれない。宗教などが存在するのは、精神的に助けが必要な時に、人に迷惑をかけずに、自分一人で答えを見つけ出せるようになるためだと思う。それが良い答えでも悪い答えでも、その人自身にとって、悩みから救われるのであれば、それは良いではないかと考える。宗教が100%正しいとは決して思わないが、こんな時、宗教は役に立つ。


無宗教である自分はベースとなる思想を持っていない。だからこそ、色々な考え方を取り込んで、自分で問題を考える事ができる。最近は、哲学に関する本を読む事が多い。古代の哲学者が考えた色々な哲学を読んで「人生とは」とか「幸せとは」を読むことが多くなった。「嫌われる勇気」の著書で有名なアドラーが言うように、「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」というのはまさにそうだなと実感している。実際、シンガポールにいるから三年間は悩みなんてほとんどなかった(なかなか痩せないとか、ルームメイトがうるさいとかそれぐらい)。


そんな中、今の自分にピッタリだと思う哲学に出会ったのだ。「上善は水の如し」という、中国の哲学者「老子」の考え方。「上善」とは「最善に生き方」ということ。つまり人間にとって、「水のように生きることが最も幸せな生き方」になるという事。「水のような生き方」をすれば、イライラからもストレスからも解放され、穏やかな心を取り戻す事ができる。



「水のような生き方」とは

本の中に書かれている、主な点は下記の通り。


・あらゆる人に、恵みを与える

・人と争うことなく、融和的である

・自分を低いところに置く。謙虚である。

・自然に逆らわない。自然の成り行きに従う。

・心穏やかで、考え深い。

・しかし、時によっては強い力を発揮する。


水は丸い容器に入れれば丸い形に変化するし、四角い容器にいれば四角い形に変化する。つまり柔軟に対応できる。しかも、高い位置から低い位置に、何の抵抗もなく流れる。つまり謙虚なのである。

「水」のように柔軟に謙虚に生きたい

上司からの細かい指示も、「柔軟に意見を取り入れる」ことで行き詰まること無く、そこから早く抜け出す事ができる。「この資料絶対に作っても意味ない!」と自分はよく思うのだが、これも「小さな努力を少しずつ重ねていけば、一滴の水はいつか湖になる」と考えるといいのだ。


自分の思いばかりを主張して、こじれた友人関係も、もっと柔軟に相手の気持ちを察するべきなのである。「自分は否定された」と悲観的にならずに、「喧嘩したから相手を理解できるようになった」と楽観的に考えるのである。楽観的な人は水のように柔らかい考え方で、色々な視点から物事を考えられる。三か月経った今では、たくさんの新しい人に出会うようになった。前に記事で書いたように、昔の友達にもう一度会う「リコネクト計画」によって、友人関係が増えている。さらに趣味のランニングや中国語のコミュニティに入り、交友関係の輪が広まっている。


この考えから学んだことは流れに逆らわないで生きるのが一番幸せなことなのかもしれないな~、という事。都心のホテルに住んでいるのも、オフィスOLである事も、型にはまろうなんてしなくていい。嫌いなヒールなんて履かなくていいし、無理して化粧する必要なんてない。自分らしく!!