dongbakaのブログ

30歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

今から投資を始めるあなたへ!ズボラ女子でもストレスなく資産運用できる!(銘柄選び、分析方法、買い方など)

f:id:dongchanbakachan:20180916112626p:plain

社会人になって初めてもらった給料で、日本株を買ったことがきっかけで、かれこれ6年以上投資を続けている。そもそも大学生の時から株投資に興味があり、証券会社などが主催している無料セミナーによく行っていた。参加者はほぼ全員お年寄りの方がほとんどで、自分は一番若かった。

「若いのに偉いね~」

と、何度か参加者のおじいちゃんに言われたことがある。当時の自分は心の中で思っていた。

「どうしてもっと早くお金について学ばなかったんですか。。。?」と。

「貯金が大事」と教え込まれてきた世代の方にとって、貯金を一生懸命することが常識だったのかもしれない。だから、貯金に貯金を重ねた上で、勤め上げた会社を退職した後に、更に大金をもらってしまった事で急にどうしていいのか分からなくなってしまったのだろう。

セミナーでは、「資産運用の大切さ」、「老後にいくら必要なのか」などは教えてくれるが、では実際に「どの株を買ったらいい」のかは教えてくれない。大体のセミナーでは「無料カウンセリング」というものがついていて、そこで勧められた商品などを買ってしまう方が多いのではないだろうか。それが本当にいい商品なのか、またはカウンセラーがコミッションをもらっているから勧めているのかは分からない。

もちろん、それでもいいという方は、それでいいかもしれない。でも、投資は自己責任であるし、その時の状況で変化するので100%な情報なんてない。だから、結局は自分で情報を探すしかない。

この6年間、自分で本やネットの情報などを見て、自分なりのスタイルで投資を続けてきた。それは人それぞれなので、「これが正解」というものがあるわけではない。自分もそれなりに利益も得てきた。ただ今回日本に帰ってきて、たくさんの本に触れる機会が増えたので、改めて「自分の投資スタイル」の見直しをしてみたいと思う。今回の記事では、「今までの自分の投資スタイル」を紹介したいと思う。

投資ヒストリー

投資に関する知識なんて何もなかったけれども、「とにかく何でも初めて見なければわからない」というスタンスで色々試してきた。
投資の歴史は下記の通り。

2012年 
・初任給で株購入。
・社内持ち株制度で毎月8万円自社株を購入(三年間続け、会社を辞める時には+30万)。


2013年
アベノミクス保有株が上昇。(利益は50万ほど)
・日本のETFMMFなども買ってみる(利益ほぼ無し)


2014年
・会社の確定拠出年金で外国株ばかりのハイリスク・ハイリターンを選択(翌年会社を辞めたので利益は8万ほど)


2015年
日本株がメイン

2016年
シンガポールで株購入開始
・海外保険投資開始


2017年
シンガポールREIT購入開始
アメリカのランドバンキング1UNIT購入
・海外保険投資

2018年
シンガポールREIT 継続
アメリカのランドバンキング1UNIT購入
・海外保険投資 継続

自分の投資スタイルを知る

昔から数字を見るのが苦手で、細かいことはあまり気にしないタイプである。中学校の時に、担任の先生から「ズボラ」と呼ばれていた。「なんでもやってみなきゃわからない」という見切り発車型の性格で、新しいことにはどんどん試す。うまくできなかったら、その時に考えるというタイプ。自分の性格上、ライフスタイル上、毎日毎日価格の変動を見るのは不可能。

結婚をする予定はないので、今後の近い将来で大きな出費の予定もなし。急な事故や病気のための医療費は銀行に入れておき、保険でも備えている。なので、自分の場合10年ぐらいの長期投資型。投資はあくまでも「余裕資金」でやる事が大事!人生のイベントを控えているのであれば、その分のお金は確保しておくべし。

気になる銘柄をピックアップ

ブログや本を読んで、プロがお勧めする銘柄やファンドを調べる

プロでも100%予測をする事が難しいのに、素人の自分が一から銘柄を掘り出して、予測することなんて出来るはずがない。素人が一から探すよりも、プロの意見を聞いた方が効率はいい。検索をすれば、そのような情報は山ほど出てくるし、書店にもたくさんの本が並んでいる。プロでなくても、わかりやすく情報がまとまっているブログなどを参考にすれば、自分で最初から情報を探す時間が省ける。

ロボアドバイサー

人間に代わってAI(人工知能)が資産運用や投資のアドバイスをしてくれるロボアドバイサーというサービスもある。今やトレーダーがAIに取って代わられる時代。資産運用などの金融ビジネスは自動化されていくことは間違いない。

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

気になる銘柄に投資してもいいのかを調べる

気になる銘柄を複数ピックアップしたら、その内容についてを調べてみる。

損益計算書をざっと見る

細かい内容などわからなくてもOK。決算短信では「営業利益」と「業績予想」だけを見る。企業の財務諸表を見ると、売上高から「売上原価」「販売費」「一般管理費」を差し引いた営業利益(Operating Income)を示した項目があるので、過去5年での増減をチェックする。
業績予想は会社側が立てるが、この時に上方修正や下方修正されると株価は敏感に反応するので、チェックしておく。

f:id:dongchanbakachan:20180916112012p:plain

指標をチェック

経済状況や会社の業績を見て株やファンドを買いたいと思っても、その株が実際に高いのか安いのかをチェックしにくいもの。だから、判断基準となる指標もチェックして、買い時かどうかを判断する。

シンガポールREITの指標について調べるなら、やはりお勧めはこちらのブログ。
とても分かりやすく、尚且つ日本語でまとまっている。

www.sinlog.asia

チャートもチェック

自分の性格上、ローソク足などのテクニカルチャート分析は苦手!自分のように細かい分析がめんどくさい方は、「トレンドライン」を見るだけでOK。「トレンドライン」とは株価の上げ下げを見るための大きな流れのこと。上昇基調なら「上昇トレンド」、下降基調なら「下降トレンド」、値動きが停滞状態だったら「横ばいトレンド」で表される。

株価の流れはいつか変化する。だから、その株価の流れの転換ポイントを見極めて、そのタイミングが「買い」のチャンス。自分の場合、トレンドラインをざっと見た後に、指値を指定(自分が買いたい価格を指定)して、自動で購入する。買えなかったらご縁がなかったということで諦める。そのため、毎日チェックする必要はなし。

利益率15%出るまで売らない

自分の場合、基本的にはずっと保有するので、利益率が15%になるまで保有しっぱなし!!
その間はコンスタントに配当金は入ってくるし、ストレスもない。一度売った銘柄の価格は二度と見ないことも大事。自分が売った価格より上がっている事があり、いちいちショックを受けてしまうので。潔さが大事!

まとめ

シンガポール在住のある友達が、投資を始めたいというので、セミナーに連れて行ったり、どんな手順で証券会社に口座を作るのかなどを教えたことがある。そんな友達が最近やっと口座を開設し、準備ができたという連絡がきた。投資の方法について、誰かに教える前に一度自分の中で整理したいという思いから、この記事を書いた。もっと若い人の間で、「お金」について学ぶ人が増えていくよう、自分も貢献したいなぁと思いながら、今日も朝7時から昼過ぎまでカフェこもっている今日この頃。