dongbakaのブログ

30歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

すべての仕事を3分で終わらせる!時間を意識して、スピーディーに仕事をする方法

f:id:dongchanbakachan:20180527215952p:plain

最近読んだ本について。

リーゼントマネージャーという愛称を持つ岡田兵吾さんという方の本。日本でコンサルティング会社での経験を経て、現在シンガポールマイクロソフトに勤めているという。本のタイトルからして、時間節約術を紹介する本のように思ったが、時間節約術以外にも色々書いてあった。最近、自分の中のテーマが「集中して時間の効率化をする」なので、この本の中にあった方法を二つ紹介したい。

1.全ての仕事は3分だけ手を付ける
3分やる事で、この仕事はどれぐらい重要か、どれぐらい時間がかかるか等の感覚が掴める。

2.時間のかかる仕事は30分を一区切りにして集中して、終わらせる


9割の仕事は3分で終わるとこの本に書いてあった。これは3分で全てが終わると言う意味ではない。3分以内にできない事は、自分ひとりで抱え込まずに、アウトソーシングすることも大切と言うことなのだ。それ以外の仕事については30分という時間を区切って終わらせる。要するに、ただ漠然と仕事をしないで、時間を意識して進めていくことが必要だと言うこと。


この時間圧縮術はDaigoさんの動画でも紹介されていた方法とよく似ていた。多分作者の方は科学的な効果がある事は知らなかったにもかかわらず、自然と実践できていたんだろう。Daigoさんの時間短縮テクニックでは「5分間ルール」(5分以内にできる事はすぐにやる)と、「ポモドーロテクニック」(25分を一区切りとして、1つのことに集中する)として紹介されていた。

ポモドーロテクニックについては以前記事を書いた。
www.dongbaka.com


この本の中でも書いてあったが、日本での働き方と海外での働き方は全然違う。自分の以前の職場がそうであったように、日本企業では長く働けば働くほど出世すると言う風潮がまだ残っている。でも、シンガポールに来て思ったのは、やっぱり実力だけが評価の対象になっているということだ。若い子でも営業成績が良くなかったらやめさせられる事がある。どんなに残業しても評価される事は無い。むしろ、時間管理ができないと言う悪い評価がつく。


自分の会社ではびっくりすることに、時短で働いている子持ちの女性ほど営業の成績が良い。要は、仕事は時間によって成績が決まるのではなく、いかに効率的に働くかということだ。だからこそ時間を圧縮する事はとても重要になってくる。


他にもこの本には、色んなことが書いてある。中でも、自分が今後参考にしていきたいと思ったのは、仕事は見切り発車が大事という事。全てまずは「やってみる」。自分を忙しくさせる事で、何が必要で何が必要ではないかが判断できる。重要ではない部分を削ぎ落としていくのだ。


たくさんのことを同時並行で行い、量をこなし、さらにスピーディーに仕事ができるようになる。しかし、今の自分には忙しくなるような事がない。今の自分の生活は時間があまり過ぎている。仕事の後家に帰ってゆっくりする時間が平日中で2、3日があるし、休日は結構時間に余裕がある。何かをしたい気持ちはあるが何をしていいかわからない。最近はそのように思うことが多い。


今日も1日が過ぎて、自分はどんどん30歳に近づいている。こんなのでいいのか自分!!!