dongbakaのブログ

30歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

全裸爆睡法を実践してみた。睡眠の質を高める研究実行中

f:id:dongchanbakachan:20180517143947p:plain

前に書いた記事に引き続き睡眠の質を上げるために研究を続けている。
www.dongbaka.com

まずはアロマを始めてみた。エッセンシャルオイルについて勉強すべく、手始めにセミナーに参加してみた。参加したのはYoung Livingというエッセンシャルオイルメーカーに関するセミナー。このメーカー自体はネットワークビジネスらしいが、セミナーは押し売りなどはしておらず、ただ単にエッセンシャルオイルの基礎知識を教えてくれた。


エッセンシャルオイルってかなり奥深い。100%原材料を使ったものは、飲むこともできる!例えばレモンのエッセンシャルオイルはレモンを75個使用して凝縮して作るので、水に数摘垂らして飲むと、レモン水になる。ミントのエッセンシャルオイルは食後に一滴飲むと、ブレスケアみたいな働きをする。驚いたのはバラのエッセンシャルオイル。200枚もの花びらを使用するので、びっくりするぐらい値段が高い。5mlで400ドル。きっと一滴1ドルぐらいだ。。。

「高いものは買わないで代替品でカバーする」がモットーの自分はもちろんこのような商品は購入しない。Carrouselで見つけた6本20ドルのアロマオイルを、15ドルのアロマデフューザーを購入した。毎日家に帰って、色々なアロマを試している。全く問題なく作動するし、かなり満足している。寝るときにはアイマスクにアロマを付けて寝るようになった。しかし、まだ眠りが浅い!!夜中に何度か起きてしまう。

待ちに待った瞬間

今週から同じ部屋の相方がしばらく留守にしている。これはチャンス。今までずっと試してみたかった睡眠方法を試す時がきた。今巷で話題(?)の「全裸爆睡法」!全裸で寝る事で熟睡できるという、ちゃんと科学的に根拠がある睡眠法なのだ。動物が冬眠する時と同じで、寝る時には体温を下げると熟睡できる。ポイントは体の芯の温度は保ったまま、皮膚の温度だけを下げるといいという。だから寝るぎりぎりまでは服を着て、体を温めてから、寝るときに皮膚の温度だけを下げるのだ。さらにいい効果があり、ダイエットにも有効だという。人は寒い時に震える事で体のエネルギーを消耗し、カロリーを消費する。だから寝るだけでカロリーが消費されるという事だ。

全裸爆睡法やりかた

①お風呂に入り体を温め、服を着て体を温める

②寝る直前に全裸になる

③仰向けに大の字で寝る

やってみて思った事は、たしかに眠りが深くなった気がする!という事。自分の場合、朝起きると「すごい長い時間寝た気がする」という不思議な感覚があった。でも朝まで一回も目覚めないで眠れるという訳でわない。やっぱり何回か目が覚めてしまう。

なぜなら寒いから!!!

全裸爆睡法の推奨室温は21度である。初日に21度でチャレンジをしたら、さすがに寒すぎでエアコンを切ってしまった。

そこで考えたのが、エアコンを使わずに窓を開けるという方法。窓を全開にし、寝てみた。一年中30度のシンガポールでも夜は涼しいので、快適。。。と思いきや、蚊が部屋に入ってきて、耳元で飛び回るので、うるさくてあまり熟睡できなかった。いきついた方法は窓を少しだけ開けるというもの。こうするとちょうどいい。

しかし全裸爆睡法のデメリットもある。それは「夜中にトイレに行けない」という事。一人暮らしなら問題ないが、自分の場合は他の人と共有でトイレを使っている。真夜中に裸体のまま、ハウスメイトとトイレで鉢合わせたら・・・想像するだけで怖い。だから、寝る前にはあまり水を飲まないようにするといいようだ。

全裸爆睡法はしばらく続けていこうと思う。ダイエット効果が果たして本当なのかを検証してみたい。。。