dongbakaのブログ

30歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

価値観の多様性を知る事でストレスフリー!自分の「当たり前」と相手の「当たり前」は違う

f:id:dongchanbakachan:20180402144047p:plain

人の価値観について、新しい気づきがあった。ヨガインストラクター合宿の中盤あたり、夜の講義の時間でヨガの教授法について学んだときの事。

ジャカルタでヨガスタジオの経営をしているモナ先生に質疑応答をする時間があった。一人の参加者がこんな質問をした。

「いつも行っているヨガのクラスで、みんなと一歩遅れた動きをする人がいる。気が散るのでやめて欲しいんですが、ヨガの先生の立場から、どうすればいいですか?」

和やかな雰囲気だったので、その発言を聞いてみんな笑っていた。モナ先生はゆっくりとした口調で自分の経験を話した。

昔、自分が通っていたヨガのクラス(アメリカの有名な先生)で、いつも先生のインストラクションとは全く違う動きをする女性が来たという。その女性は毎日、毎日クラスの最中に自分が好きなように動いていた。周りの人も気が散るので、やめてほしいと思っていたそうだが、先生は特に注意はしなかった。その女性は毎日通い続け、10日目になって、先生の所へ話しに来た。「私は二週間前に息子を自殺で亡くしました。この場所だけが、私を自由にさせてくれる場所でした。あなたは私を救ってくれました。本当にありがとう。」

価値観は人それぞれ違うもの

この話をしている最中に、モナ先生は泣いていた。最初は笑っていたみんなも静まり返っていた。「人の考えている事や、人が抱えている問題については、外側からでは分からないものである」という話だった。

自分自身が考えている「当たり前」と人が考えている「当たり前」は違うのだ。何度言っても嫌がる事をする人ってどこにでもいると思う。他人に対して「理解できない」と思っている事は、「その人本人にとっては意味のある事」なのだ。表面的な付き合いでは、そのような事は理解する事ができない。

どんな人でも、自分自身の価値観に基づいて、行動を起こしている。だから、相手の価値観そのものが理解できなくても、「自分と違う価値観の基に行動しているんだ」と言うことが理解できれば、価値観の多様性を受け入れられるようになる。

価値観の違いを知っているからこそストレスフリー

相手との価値観が違う事を認識するだけで、ストレスから解放される事に繋がると思う。日本の文化は特に、価値観が違う人を受け入れにくい社会だ。自分が日本にいた時は、相手の価値観に合わせる癖がついていて、結果としてストレスを自分で溜めてしまっていたと思う。「日本人=同じ価値観」と言う考えに合わせて、生きて来た。

海外にいて、外国人と一緒に生活する場合は、最初から価値観が違う事が分かっているから、そう言ったストレスが少ない。相手も価値観が違う事を理解している事を知っているからこそ、自分のままでいられる。もちろん価値観が違う相手の考えも尊重しなければいけない。

自分は2年以上、どっぷりフィリピン人コミュニティの中にいる。前の家も今の家も、自分以外は全員フィリピン人。前十字靭帯を切る前まで入っていたバレーボールチームも全員フィリピン人。彼らには本当にお世話になっている。

気づいた事は、文化的な価値観と個人的な価値観の両方があるという事。文化的な価値観とは例えば、フィリピン人の食事の際のシェアリングの考え方。そして個人的な価値観は人それぞれの考え方。

ここで一番気をつけなければいけないのが、「○○人だから、こうゆう考え方だろう」と判断しないことだと思う。日本人同士でさえ、相手の価値観を完全に理解する事は難しい。同じ人種国籍であっても、価値観は本当に人それぞれだ。

今までの人生の中で信じられない発言をする人に何回かであった事がある。それに対して「どうしてこんな事いうんだろう」と考えて、悩んだり傷ついたりする事があった。今の自分だったら、前よりは少し、相手の気持ちに立って理解できるかもしれない。穏やかな気持ちで、これからも過ごしたい。ヨガから学んだものを実践していきたい!