dongbakaのブログ

30歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

嫌いな人に「嫌い」と言う人の考え方

f:id:dongchanbakachan:20180215091401p:plain

シンガポール人同僚の同世代女子Aさんとご飯を食べに行った。Aさんは自分が知っているシンガポール女性の中でも一番強い人である。とにかく好き嫌いがはっきりしている。気にくわないルールがあったり、嫌いな人がいたら、はっきり言う。クライアントにも同じ態度である。声が低くて、早口だから余計に怖いのだ。。。

実は、以前はこのような女性は自分は苦手だった。でも彼女はなんだか大丈夫だった。Aさんに3ヶ月に一回ぐらい突然ランチに誘われる。特に話があるわけでもなく、ただただ他愛もない話をする。そうするうちに、誰に対しても攻撃的ではないという事が分かったからだ。

せっかく二人で話す機会があるのだから、彼女の強さについて思い切って聞いてみた。そこで自分は正直に言った。

「私にとって、あなたはとても強い女性に見える。敵10人に囲まれても、平然と自分の意見を貫くイメージ」

そしたら、彼女は笑ってこう言った。

「私は大事だと思う人を守るし、自分が大事だと思うことには声を上げる。でも大事だと思わない人には直接態度で示すし、嫌われても構わない。」

強。。。自分と大違い。自分の場合、自分自身に対してはストイックだが、他人とは平和な関係を保ちたいと思ってしまう。言わなくていい事は言わないし、嫌いな人とも適度な距離は取るものの、本人に「嫌い」とは言わない。

結局は大事な人に時間を割いた方が人生うまくいく?

ビジネスでは「選択と集中」をする事が、成功の秘訣と言われているように、人間関係も「選択と集中」する事でうまくいく。という事を本で読んだ事がある。人生は時間が限られているので、大事な人と過ごす時間に注力するという事。

確かに、自分が「あまり大事だと思っていない」人は、相手も「自分の事を大事だと思っていない」事が多いと思う。だからそこまで大きな影響が出ることもないのだ。

自分との違いについて考えてみた

Aさんの意見を聞いて、自分との違いは何かを考えた。自分も「人間関係の断捨離」の記事で書いたように、ストレスが溜まる人間関係は切るべきだと思う。

www.dongbaka.com


過去に自分も人間関係を絶ってきた経験はあるが、全部横の関係(友達や同世代の人)である。もし損得がある関係だったら(例えば同じチーム、上司と部下など)、簡単には人間関係を切る事ができないと思う。さらに、「自分を守れるのは自分しかいない」という考えが根底にあるので、基本的には自分を守れればそれでいいという考え方だ。つまり、人に好きも嫌いもそもそもなく、人間関係に無関心だけど、八方美人でもあり、、、中途半端!

だからと言って、自分の性格はすぐには変えようとは思わない。色々な性格に人がいていいじゃないかと思う。ただ、人と一対一で話すとき、その相手の考え方を深掘りしてみるのは楽しいし、勉強になる!と思った。