dongbakaのブログ

29歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

ミャンマー旅行記

f:id:dongchanbakachan:20180120212408j:plain

今、ミャンマーに四日間旅行に来ている。民主化のリーダーであるアウン=サン=スーチー、バングラデシュとの国境に住むロヒンギャ族が何かと有名だが、自分はこの国についてほとんど知識がなかった。せっかくなので、ミャンマーに来て思うことを書いておこうと思う。

現在の大統領はティン ・チョウでありアウン=サン=スーチーではない(本人がイギリス国籍なので、ミャンマーの大統領にはなれない)。

歴史について知るために、石栗宏貴さん著「海外で活躍したいなら知っておきたい世界の歴史 〜ミャンマ ー編 〜」という本を読んだ。

ミャンマー独立の父であるアウン ・サン(アウン=サン=スーチーの父親)が行ったイギリスからの独立運動の時の歴史を知った。日本軍との協力して、ビルマ(当時のミャンマーの国名)独立の運動を行い、日本にも滞在していたそうな。昔からミャンマーと日本は意外な結びつきがあったなんて知らなかった。ちなみにアウン・サンの日本滞在時の日本名は「面田紋二 」。「缅甸mian3dian4」は中国語で「ミャンマー」の事。国名の由来はそこからなのかー!と新しい発見があった。

さて、実際のミャンマーに行っての感想。東南アジアの国は慣れてしまったので、あまり驚く事は少なくなったが、ミャンマーはなんだか他の国と違った!ヤンゴン市内はかなり発展していて、ゴミもそこまで落ちていなかった。人々も優しいし、料理も美味しい!他の東南アジアの国と違う点は下記の点かと思った。

【ロンジー】

ほとんどの人が民族衣装のロンジーを着ている。女性も男性も、仕事着普段着で来ているらしい。
※追記:女性用は巻きスカートのようになっていて、紐で結びつける事が出来る。男性用はシンプルなデザインで体に巻きつけて自分で縛る。昼間ロンジーを着た結果、結構暑かった。

【タナカ】

顔には「タナカ」という黄色い粉をつけている。一度ミャンマーの友人に聞いてみた所、涼しくさせる効果の他、ファンデーション、日焼け止め、スキンケア、といった多様な用途がタナカにはあるとの事。
※追記:黄色い粉と水を混ぜて、顔に塗る。付けた瞬間は冷たいが、その後固まって、顔が突っ張る。タナカを付けて街を歩いたらジロジロ見られた。。色々な効果があると言われているものの、実際は。。。あまり変わらなかった。。

【キンマ】※現地の人はコーンと呼ぶ

噛みタバコの事。いきなり茶色い液体を吐き出す男の人を見かけて、嘔吐したのかと思ったら、このキンマだった。葉っぱの中に石灰水、ヤシの実、お酒、スパイスなどを色々巻いてガムみたいに噛んで、吐き出すらしい。
※追記:これも試してみた。石鹸のような味で、噛んでいくと段々頭がクラクラして、酔っ払った感覚になる。正直、マズイですw

ミャンマー今の所とてもいい感じ。明日は今回の旅の目的であるヤンゴンマラソン(ハーフ)!