dongbakaのブログ

29歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

自己投資のススメ

f:id:dongchanbakachan:20180119070312p:plain

普段はお金を使わない自分だけれども、自己投資だけは続けている。この間も、ヨガインストラクターの資格を取るべく、約30万円の合宿に申し込んだ!!
自己投資をする時、自分が何を考えて、どのように行ってきたのかを考えてみる。


【ひらめきを書き留める】
ふとした瞬間に、アイデアが浮かんでくる事がある。一瞬でも自分がやりたい事のアイデアが浮かんだら手帳に書き込むようにしている。アイデアが溜まっていき、カフェなど落ち着くところで見返す。そうすると、それぞれのアイデアの共通する目的や、「このアイデアとこのアイデアは、これをすれば実現できそう!」というのが見えてくる。


【一日5時間×10日より、一日30分×100日】
ルーティンワークが好きで、毎日同じ事をして、同じ物を食べる事を全く苦と思わない性格が影響しているのかもしれないが、一つの事をコツコツやるのが好きである。一日5時間×10日=3000分で、一日30分×100日=3000分。どっちも同じ合計の時間だけど後者の方が圧倒的に良い。なぜなら毎日続ける事で習慣化して、それが当たり前になるからである。自分は1年半前から毎朝1時間ジムで筋トレをしている。周りの人にはすごく驚かれるけど、自分にとっては全く苦ではない。むしろ、歯磨きと同じで、ジムに行かない日はなんだかムズムズして、物足りない感じがする。


【自腹を切る】
人は痛みを覚えないと真剣にならない。一度お金を払ったら、意地でも元を取ろうとするのが一般的な考え方。他人から払ってもらったら意味がない。
例えば、去年取得した日本語教師の資格は、「日本語をきちんと教えられるようになりたい」という目標があった。確かに、分からない文法をネットで調べて、無料で知識を身につける方法もある。でも無料で勉強した場合、相当の気合がないと絶対に続かないのである。だから自分は10万円異常する教材を買い、絶対に元を取るつもりで毎日勉強した。


今読んでいる本にこんな事が書いてあった。

「 2 : 6 : 2の法則 」というのがあります 。世の中は大きくわけて 2 : 6 : 2の割合の人たちで構成されているという考え方です 。最初の 2は 、自分を向上させる気がまったくないので 、自己投資しないタイプ 。次の 6は 、自分を向上させる気はあるのだけれど 、具体的な自己投資の行動を起こさないので 、実際には向上しないタイプ 。この 2と 6を足した 8が 、全体の 8 0 %を構成します 。つまり 、結果的には 、ほとんど進歩しないタイプです 。自己投資とは無縁のグル ープです 。
(古市幸雄さん著:「1日 3 0分 」を続けなさい !)


行動を起こすのはたった20%。今自己投資した事が5年後、10年後に活かされるのであれば、若いうちから始めた方が絶対に得だと思う。自分が過去10年に行った自己投資(留学、資格など)は意外なところで役に立っている事が多い。

たった一つ役に立っていないものと言えば、、、自動車免許である。大学四年生の時、突然思い立って免許を取得しようと思った。全額自腹で出して、取得。しかし、実家には車なし、都心に住んでいるので電車がとても便利。結果として、免許を取った後2、3回レンタカーで運転しただけで、それ以降はペーパードライバー。

まぁ、それはそれで、当時のベストの選択肢だったんだから良しとしよう!