dongbakaのブログ

29歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

定時に帰るは当たり前!

f:id:dongchanbakachan:20180116135727p:plain

2年前に今の仕事を始めた時からずっと、毎日定時18:00に帰っている。オフィス全体の中でも、自分が一番早い。ちなみにインターン生(現役大学生)よりも早い。
この前、同僚にどうして定時で帰る事が出来るのかを聞かれた。自分としては、むしろどうして残業代も出ないのに残業するのかを知りたい(さすがに言わなかったが。。)。

必ず定時に帰るために、自分が実施している事は下記の通り。

◆朝早く出社◆
朝は1日の中で最も脳が活発な時間帯。誰もいないオフィスで静かな時に一気に仕事を片付けてしまう。自分の場合は朝1時間ジムでトレーニングをしてから、8:30には仕事を始める。9:00過ぎに同僚が出社するまでに雑務を全部片付ける。

◆頭を使う仕事は午前中に◆
午前中のうちにメールの返信などを終わらせる。同僚との会話は程々にして、とにかく集中しまくる。

◆単調作業は午後に持ってくる◆
自分の仕事では一切頭を使わない作業がある。これをやる時は、【勉強の時間】としている。イヤホンでYouTubeでダウンロードしておいた動画を聴きながら、作業をする。仕事の時間も効率的に利用する!

◆【定時で帰る人】という印象を与える◆
どこの会社でも、みんなとちょっと違う性格の人がいると思う。でもそうゆう人は「◯◯さんはああだから」と、周りの人が受け入れているため、違和感がない。定時で帰るのは、周りの人の目が気になるかもしれない。でも毎日繰り返せば、「あの人は【定時で帰る人だ】」という印象を持たれ、それが普通になる。自分は毎日定時帰りであるため、たまに18:30まで残っていると大変驚かれる。周りの目は気にしない!

◆ちょこちょこ仕事する◆
会社の外で、友達にメールを返信する要領で、仕事のメールをチェックして、返信する。という人でも、たった五分のメール返信ぐらいなら、スキマ時間で出来るのではないだろうか。仕事とプライベートをきっちり分けずに、ストレスが溜まらない程度に曖昧にするのが、意外と大事かと思う。

◆定時退社後しなければいけない予定を入れておく◆
友達との約束、趣味、ミートアップなどを18:30-19:00開始で予め設定しておく。そうすると、定時に帰らなければならないというプレッシャーが生まれる。

もちろん、定時帰りが出来るのは文化の違いも大きく関係していると思う。シンガポールでは時短で働く女性も多いから、時間になったら堂々と帰っている。しかも、時短でもバンバン出世している。短時間だからこそ、仕事に集中して成果を出しているのだと思う。だから定時で帰るなら、やっぱり仕事の成果も出さなければ意味がないんだと思う。集中してサクサク仕事をやるからこそ、成果は上がるし、堂々と定時で帰っても文句を言われなくなる!

週末にマラソン大会があるので、今日も定時で帰って、走りに行く!!