dongbakaのブログ

29歳独身海外在住女子。 38歳までに貯金5000万円を貯めて、海外でフリーランスを目指す! 2015年からシンガポールに来て、仕事をしています。昔から「普通の女子」と自分の考え方の違いを感じてきました。もし、同じ考え方を持っている人がいたら、嬉しいです。

断捨離

f:id:dongchanbakachan:20180111140128p:plain

 

自分の部屋には驚く程何もない。東京で一人暮らしをしてた時、初めて家に来た友達は大抵「引っ越して来たばかり?」と聞いてきた。ワンルームにタンスと布団一枚。そんな感じの部屋だった。シンガポールではワンルームサイズの部屋をもう1人とシェアしている。(シンガポールは家賃が鬼高い)だから、更に物が少なくなった。


今まで大きな断捨離を何回か繰り返してきた。基本的に何でも勿体無いと思うタイプだけど、使わないものは持っててもしかたない。


1回目の大きな断捨離は、親の家を出る時。2回目はシンガポールに来た時。自分には実家がないので、実家でストックということが出来ない。だから自然とミニマリストになった。


【服】

服は本当に使う服だけを厳選し、フリマで売りまくった。(当時、メルカリなどのサービスはなく、自分で代々木公園でよく売っていた)

かなりの場所を取る冬服は、毎日30度のシンガポールでは全く必要なし。冬服はほとんど処分。シンガポールで週末は基本的にTシャツ短パンだから、仕事に行く用の服が何着かあればそれでいい。


【写真】

写真もかなりの量があった(高校卒業ぐらいまではインスタントカメラ主流だった)。それを携帯で撮影し、処分した。写真データを保管してたパソコンさえも処分して、その時結局データも消してしまった。それでも、まあいいやって思えたから、多分過去の記録自体にも執着がなくなっている!記録より記録!(Byイチロー)


【本】

本も全てブックオフ処分。東京にいた時は、都内のTsutayaカフェの場所を把握しており、そこで読書をするという生活に切り替えた。会社の近くに一つあったから、毎朝30分本を読んだ。シンガポールではスマホKindleのアプリを使って読んでいる。


【化粧など】

シンガポールでは会社に来る時、スッピンで来る人が結構いる。日本の会社で嫌々してた化粧も、頑張って履いてたハイヒールもスカートもやめた。全部処分した。毎朝ジムに行くから、スッピン、ランニングシューズ、リュックで会社に行っている。日本の29歳OLじゃありえない。


物が少ないとそもそも散らからない。掃除に時間を取られない!


しかも物を失うリスクがない。もし火事になったら財布と携帯だけ持って逃げればいい!


しかし断捨離癖がつくと、シェアハウスをした時が大変。前の家ではハウスメイトが大量に物を買うから、共同スペースにまで物を置くようになったからイライラ。今は引っ越したからいいけど、今後気をつけないと。。

 

※前のブログから移管させた記事です。